内田祥子先生 (かぞえうた編曲担当)

1977年神奈川県横須賀市出身。
東京藝術大学音楽学部作曲科卒業、大学大学院修了。
現代音楽作曲家グループ「Composer Group Cue」のメンバーとして、2001年より活動。
同グループより、2007年にCDComposer Group Cue Works』、2011年に
Composer Group Cue × 大田智美〜現代アコーディオン・ソロ作品集』をリリース。
2005年映画「四日間の奇蹟」にてアレンジを担当。
2007年舞台「ヴェローナの二紳士」の音楽に参加。
2008年、神奈川県立体育センター企画「かながわ体力つくりキラキラ体操(監修・佐藤弘道)」の
音楽を担当。
2008年、サクソフォン四重奏団・カルテット・スピリタスのCDScene(シーン)」のアレンジを担当。
楽譜がフォスターミュージックより発売中。
埼玉県を中心に活動する演奏家集団「MUSIC PLAYERS おかわり団」の専属アレンジャーとして、
2002年より全公演のアレンジを手掛ける。
その他、演奏会、CD、出版、映像作品のための作曲やアレンジ等、多岐に渡って活動をしている。
これまでに、作曲を加羽沢美濃、尾高惇忠の各氏に師事。





























坂井貴祐先生 (ありがとう編曲担当)

 
1977
610日、北海道生まれ。

北海道立中標津高等学校を卒業後、尚美学園短期大学 (現・尚美学園大学)

音楽学科
作曲専攻を経て東京ミュージック&メディアアーツ尚美 音楽芸術表現コース

(現・尚
美ミュージックカレッジ 音楽総合アカデミー学科34年次)を卒業。

卒業後は大村哲
弥氏のもとで約2年間研鑽を積む。

これまでに作曲を松下功、大村哲弥、延原祐の各氏
に師事。

 
2000年、「セレモニアル・マーチ」がJBA (日本吹奏楽指導者協会)「下谷賞」(最高 賞)を受賞。

同作品は20052006年度の中部日本吹奏楽コンクール課題曲にも採用さ
れた。

21世紀の吹奏楽「響宴」会員。

 主な作品に、

「セレモニアル・マーチ」(JBA下谷賞受賞)、「越中幻想」(富山県福野高校吹奏楽部委嘱)

「ルミナンス-光の都市」(陸上自衛隊東部方面音楽隊委嘱)

「ジャンヌ
・ダルク」(航空自衛隊中部航空音楽隊委属)

「ペンタグラム」(サックス四重奏:
ヴィーヴ!サクソフォーンクヮルテット委嘱)

「シアターミュージック パート1」(
金管八重奏:富山ミナミ吹奏楽団委嘱)、「アプローズ!」

(航空自衛隊中部航空音楽
隊委嘱)など。

URLhttp://www.sakai-takamasa.net/